「神様のカルテ」を読んで

今日の事務所での3時のおやつはマーケットOのブラウニー♪
e0227680_1794253.jpg

このデカいマグカップはスタバのもの。私は,わりと常にデスクに飲み物がないと落ち着かないので,こ~んな大きいカップを使っています060.gif
このカップも,既に5年以上は使っているかも!!ヒャア~長い。Gちゃん(お仕事一緒にしていた貴女よ~Gちゃん!)は,このカップ見覚えあるよね063.gif
ちなみに,その下に写っているものは,ソウルの地下鉄マップが描かれているマウスパットなのだ(^_^)v
マーケットOは,いつか是非ともソウルのお店に行ってみたいです。(お店の情報はこちら→
e0227680_1721428.gif

ようやく神様のカルテを読み終えた~。
(神様のカルテ 夏川草介著 小学館文庫)
本を読む前に映画を見てしまったのだけど,また映画とは少し違う楽しさもあった。
映画と本では,違う部分もありました。例えば,第2話の「門出の桜」。学士殿について,本では自殺未遂していたのだ。そっか~。映画では違ったから,映画を見ていてなんでああも大げさに門出を祝っていたのか,今ひとつわからなかったのだけど,本では,学士殿は自殺未遂までしてしまったので,励ますためにあんなに大げさに祝ったのだ・・。納得。

この本は,お医者さんのハードな勤務状態なども描かれていて,「本当に大変なんだなあ~」とよくわかった。
特に当直勤務の大変さなどもよくわかり,実際,あんな苛酷な勤務をしていて,普通ならば起こらないミスも起こってしまうのではないのだろうか・・・などと思ったりもした。
充分睡眠もとり,食事も摂れていれば,もっと良いコンディションで仕事に臨めるのに,睡眠不足の栄養不足状態で患者さんの処置をしていたら,ありえないミスも起きてしまうのでは・・,なあんて思った。

この本では,田舎の民間病院に勤務する内科医が主人公で,大学の医局には属さず,ただひたすら患者さんの末期に寄り添って,どうしたらその患者さんが人生の最期を幸せに終えることができるか・・を,真剣に考えている,真面目なお医者さんが描かれている。

そして,同僚の外科医砂山次郎とのやりとりが実に面白くて,それがまた,実際にこういうお医者さんっているんだろうなあ~と想像ができる位,会話のやりとりが鮮やかで,私はそういう所でもこの本は楽しめました。

全体的に,「ああ,こういう風に仕事の現場で悩み,考えて,みんな成長していくんだなあ~」と考えさせられて,仕事に対しての姿勢のようなものが学べました。

この本は,「神様のカルテ2」と続編も出ているようですので,是非読もうと思います053.gif
# by mint-lavender | 2011-10-18 17:54 | Book/Movie/TV/Music | Trackback | Comments(0)

食や旅が大好き♪ 日常のあれこれを写真と共に綴っています。


by saran
画像一覧